目的別ローン活用術

消費者金融やクレジットカードなどの使途を限定しない借入れ、
いわゆるフリーローン、キャッシングにについては、
2010年の改正貸金業法の完全施行に伴い、年収の3分の1までに制限されました。

多重債務者の救済には一役買った規制である反面、
これ以上借入れができなくなった利用者も少なくありません。

このサイトでは、総量規制の対象外となる、
目的別ローンにはどういったものがあるのか?

また、目的別ローン以外の借入れであるフリーローン、キャッシングについての基礎知識など、
まとめてみたいと思います。

おまとめローンの借り換え

長期的に複数の消費者金融等から借り入れをしている場合、
低金利のところで借り換えをすると、トータルの支払額が安くなる可能性があります。

改正貸金業法により、現在キャッシングで借入ができる利用限度額の上限は、
申込者の年収の3分の一までとなっていますが、おまとめローンを利用した場合には、
この制限は関係ありませんので、高額の残債務が合っても審査に通れば借り換えは可能です。

おまとめローンを使った借り換えのメリットは、返済先が一つに絞られることです。
毎月複数の業者にそれぞれ返済をしていると、振込手数料もかさみますし、
返済計画の管理も非常に面倒です。しかし、借り換えで一箇所にまとめると、
これらの手間が一箇所への返済ですみますので、管理も手数料の負担も大幅に軽減されます。

長い目でみると負担がかからない

また、おまとめローンはまとまった金額の借り入れになりますので、
金利がかなり低く設定されています。
そのため、従来の高金利での返済に比べ、利息がかなり安くなり、
長い目で見ると借り換え申し込み時の手数料等を考慮したとしても、
総支払額が少なくてすむ場合も少なくありません。

こういった借り換えのためのローンは、銀行だけでなく、
大手の消費者金融等でも行っています。手数料や返済方法、金利などを調べて、
よりメリットの大きいところで利用すると良いでしょう。

なお、この方法で返済をした場合には、破産や民事再生などの
債務整理をしたことにはなりませんので、信用情報にも傷がつきません。

目的別ローン

キャッシング利用